タグ別アーカイブ: メンズセラピスト

女性ホルモン活性化とバストアップ

●胸の大きさは遺伝で決まる?https://koutaaroma.wixsite.com/mysite

雑誌の特集などを見ますと大きさや形などで悩んでいる女性が多く見られます。胸が小さいのは遺伝であると言われておりますが決して一概にはそのようなことはありません。バストの小さなお母さんから豊かなバストを持った女性が生まれることもありますし、その逆もあります。又、姉が豊かなのに妹はそうでないということもあると思います。底の部分にあたる胸骨や胸筋は、多少は遺伝の影響を受ける可能性はありますが、それがすべての原因になることはありません。

小さい主要な原因のひとつに乳房組織の発育不良が上げられますが、これは遺伝とは関係ありません。バストには、乳を蓄えておく場所(腺小葉や腺胞)や、そこでできた乳汁を運ぶ乳管などの組織があり、これらの器官は線維細胞で覆われそれぞれの細胞や器官の間に脂肪がついています。そして、そこに血管がはりめぐらされ、栄養や酸素、ホルモンなどが常時供給されています。太っている女性のバストが大きく見えるのは、この脂肪層が厚いためです。引き締まったプロポーションをしている人でバストが大きいのは、脂肪層以外の組織(腺小葉・腺胞・乳管)が発達しているからです。

●バストを成長させるのは女性ホルモン

食事が不規則であったり偏っていたりすると乳房に十分な栄養が行かなくなり発育不良になることもあります。又、過度のストレスなどにより成長が止まることも考えられます。発育に重要なのが、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)です。思春期に大きくなるのは、この女性ホルモンの分泌が活発になるためです。しかし、この発育期に過酷な受験勉強やインスタント食品を多く食べたり、運動をほとんどしないようなアンバランスな生活を送りますと女性ホルモンの分泌が阻害されバストの成長が置き去りにされてしまいます。サイズアップしなかったのは、せっかくの成長期にそれを阻害してしまい成長しきれなかったかもしれません。

又、小さいと感じている人は、冷え性や貧血などの症状を抱えていることも多いです。さらに生理不順や生理痛なども。いずれも女性ホルモンとの関係の深い症状なのでホルモンバランスが崩れていることが考えられます。これは大きさと深い関係があるかもしれません。

●バストは、これからでも大きくなるの?

バストの悩みは何も中高校生だけのものではありません。『小さい』という悩みから、中高年の『タレている悩み』もあります。しかし、思春期に大きくならなかったからと言って、諦めるのは早いです。又、タレはじめたバストが、引力だから仕方ないというのも同じです。妊娠、授乳期に大きくなるのあれば、ホルモンバランスを整え正常なホルモンの分泌を促せばバストアップすることも夢ではありません。

バストアップの方法のポイントは、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)です。このホルモンは形を整え大きくします。健康的な生活や食事を気をつけることで、このホルモン分泌をきちんとケアすればハリのある理想的なバストを手に入れることができるかもしれません。

●女性ホルモンの働きを活性

男性とイチャイチャをすることによって、女性ホルモンの働きが活発になってきます。女性ホルモンをつかさどっているのは、脳の視床下部という部分で、主に2種類のホルモンが出ることによって、さまざまな副効果が現れます。

●2つのホルモンバランスが女性の美しさと輝きの決め手

男性とのイチャイチャによって満足のいくオルガズムに到達できるようになれば、より一層ホルモン活動が高まり、特に黄体ホルモン、エストロゲンのおかげで美肌効果や老化防止の効果も高まり、心も体もリフレッシュしてキレイになれると言われています。

プロフィール

★アロマバストソフト性感マッサージコース(180分):5000円(アロママッサージのみの料金です。現金でのお払いのみとさせていただいております。)

各ご希望のオプションメニューについて(バストマッサージ、ソフト性感など):性感に関する全てのオプションは無料サービスとなっています。お客様の同意のもと行います。妊娠中のお客様への施術は行っておりません。ご理解の方、よろしくお願いいたします。

★ホストコース(180分):3000円(デート、アロマセラピーなど)

名前:
KOUJI
年齢:
40歳
性別:
男性
出張地域:
福岡市内
趣味:
アロマセラピー
URL:
http://aromabust.blog.jp/

福岡 博多 女性用性感アロマバストマッサージ

ストレス解消

アロマトリートメントでストレス対策

鍼灸、指圧、按摩、西洋式マッサージ、柔道整復は全て被施術者の体に触れるか道具を用いて筋肉やツボを刺激する方法で肉体的なストレスを和らげるための手技となります。しかし、自由な発想で施術法を組み合わせる事が出来る整体の世界では気功法やアロマトリートメントなど直接体に触れる事無く精神的なストレスの緩和を促す方法も存在しています。中にはその効果の程を疑う人も居るかもしれませんが、五感は脳に直接刺激を送るものですので、アロマトリートメントの様に香り(嗅覚)を利用して脳が感じているストレスを緩和させる方法というのは理にかなっていると言えます。

・香りのもたらす作用=記憶を引き出します。
人には五感(触覚、嗅覚、味覚、視覚、聴覚)があります。アロマトリートメントは、エッセンシャルオイルなど香りの強い精油を用いて脳に刺激を加える方法になります。一見すると眉唾と思われがちですが、香りにはいろいろな作用があり、その効果は思いのほか大きいものなのです。そんな香りが、もたらす作用の一つが記憶にまつわる効果です。人の脳は巨大なデータバンクと言われています。一度見聞きしたり、体験した物は脳の中で優先順位が付けられ記憶の保管庫にしまい込まれます。この時一度しまわれた記憶を引き出す鍵となるのが香りなのです。移り変わりの激しい世の中で、記憶を追体験するというのは中々難しいものですが、キンモクセイの香りを嗅ぐと幼い時の記憶が蘇ったという経験をした人も多いと思います。今でこそ観賞用として栽培されているキンモクセイですが、昔のように下水道が発達していなかった昭和40年代ころまではトイレの側に必ずと言ってよい程植えられていて至る所で目にする植物でした。この頃に幼少期を過ごした40代後半の人より年配になると、キンモクセイの香りを嗅ぐと小さい頃の記憶が芋づる式に蘇るという人も少なくありません。同様に脳は記憶を引き出す鍵として香りを利用する事が非常に多いのです。

・香りのもたらす作用=精神状態を左右します。
お線香に良く用いられている白檀の香りには鎮静作用があると言われています。お線香は煙による魔除けの意味があるのですが、そこに白檀が練り込まれているのは参拝者の精神を落ち着かせるためだと言われています。又、ミントやレモンのさわやかな香りには気分をリフレッシュさせる作用があり、バニラやチョコレートの甘い香りは気分を高揚させると言われています。また生ゴミの臭いや腐乱臭はみんなが不快な気分になりますよね。このように香りには人の精神状態を左右させる強い作用があるのです。

アロマトリートメントは、香りの持つ精神作用と記憶を制御する作用を応用した療法になります。香りの好みは人それぞれですが、良い香りは気分を良くし(興奮若しくは鎮静作用)、嫌な臭いには気分を悪くさせる作用があるのは誰にも共通する傾向なので、香りを分類してその人の精神状態と記憶にダイレクトにアプローチする方法が行なわれます。ミント系の香りは気分を爽快にしてくれるだけでなく、強い殺菌作用があるという事を知識として知っていればミントの香りを嗅いだだけで抵抗力が向上するというデータがあるのです。これを利用してミントは、殺菌作用があるという事を刷り込ませるためにアロマオイルの説明を施術毎に行なう事で、実感の度合いが高まってくるというわけです。

柑橘系の香りは唾液腺を刺激する作用があるため、ドライマウスで歯周病や虫歯になりやすく口臭も強い人にはミント系の香りと柑橘系の香りをブレンドした精油を用いるなどの方法がとられます。ウッド系の香りには気分を落ち着かせる作用があるのと、スパイスの香りには血流量を増加させるという作用があるため、肩こりや腰痛など慢性的な筋肉疲労症状にはこれらをブレンドした香りを使い、リラックスした状態でアロマトリートメントを受けると整体の効果が相乗的に向上することも知られています。

◎更年期障害には、アロマトリートメントがおすすめです。
更年期にさしかかると女性ホルモンの分泌が段々減少してくることから不定愁訴と呼ばれる様々な症状が出てきます。身体的な症状としてのぼせ、ほてり、だるさ、頭痛、冷え性、めまい、手足のむくみ、肩こり、腰痛、肌荒れ、肌の乾燥など精神的な症状やる気が起きない、不眠、憂うつ、不安感、イライラ等が挙げられます。これらの症状は病気ではないものの、人によっては日常生活に支障をきたすほど辛さを感じる事もあります。でもイライラするくらいで病院なんて。と放置してしまっている人も多いかもしれません。もしくは年齢的なものだから仕方ないとあきらめてしまう事もあるのではありませんか。そのような時こそ自分にあったアロマで不調を改善して欲しいのです。アロマトリートメントで使う精油にはホルモンバランスを整えるなど様々な働きがありこれらの辛い症状を和らげてくれます。精油は主に水素と炭素からできた有機化合物です。香り自体は目には見えませんが分子として空気中に存在しています。お花の甘い香りも樹木系のすっきりした香りも基本は水素と炭素です。その香りの分子が鼻に入ると「いい香りだな」と脳が認識します。鼻から入った香りの分子は途中で電気信号に変わり嗅神経を通って脳の奥深くにある大脳辺縁系というところに届きます。大脳辺縁系は、考える脳である大脳新皮質と違って感じる脳です。理屈抜きで快、不快を感じるのはこの大脳辺縁系がそれを判断するためで、香りもその人によって感じ方が違いますよね。それは脳に届いた時の受け止め方が違うためです。

香りと更年期の関係は、この大脳辺縁系に秘密があります。大脳辺縁系には自律神経を司る視床下部やホルモンバランスを司る下垂体といった部位があり、香りがここに直接届くことでホルモンバランスや自律神経のバランスを整えることが出来るのです。精油には、エストロゲン様作用といって女性ホルモンと似た働きをするものがあり、その精油の香りを嗅ぐと自然とホルモンバランスが整ってくるので女性の不調を改善するのに役立ちます。その他にも痛みを和らげたりイライラを鎮めるなど更年期障害の諸症状を緩和する作用が色々あります。症状によってうまく使い分ければ辛さも和らいでいく事でしょう。

アロマトリートメントは自然治癒力を高めます。アロマトリートメントは代替療法とか自然療法とも呼ばれますが植物の力を借りて心と身体が本来あるべき姿に戻してく健康法です。西洋医学はピンポイントでその症状を解消することを目指しますが、アロマセラピーは体全体を見ながら使う精油を選んでいきます。ヨーロッパが発祥の物ですが東洋の漢方と通じるものがあります。頭が痛い時に痛み止めの作用があるものを使うというだけなく、心の緊張をほぐすことで痛みを和らげていくというような使い方もあります。起きている症状だけにフォーカスするのではなく、今心身がどのような状態にあるのかという事を考えながらケアしていくことで、体自体が健康になろうとする力を取り戻すのがアロマセラピーの素晴らしいところです。ストレスを和らげることで免疫力の向上などにも役立ちます。更年期障害についてもその症状の感じ方、辛さは人それぞれです。少しでも本来のベストな状態に持っていくためにアロマセラピーが役に立ちます。

https://aromabust.blog.jp/